【芝浦音楽カフェ Vol.46】高城れにをゲッターズ飯田が鑑定「30歳から本気が出ます」

SHIBAURA MUSIC CAFE Vol.46 高城れに

芝浦音楽倉庫に併設するカフェ「SHIBAURA MUSIC CAFE」マスターのゲッターズ飯田さんが訪れたお客さんを占うコーナー!第46回のゲストは高城れにさん!

高城れにさん「ちょうど占いにはまっていて」

高城「はい、皆さん、今晩は。ももいろクローバーZの高城れにと申します。よろしくお願いします。」
飯田「ありがとうございます。という感じで、ちゃんとテンション高くやってくれますね。」
高城「いや、もちろんですよ。この番組、すごく出たくて……。あとゲッターズ飯田さんにも、お会いはできていなかったんですけど、以前、占ってもらったりしていただいていたので、ぜひ直接お会いしたいなと思っていました。」
飯田「そうなんです、僕、仕事で多分、何度か勝手に占っていますよね。」
高城「そうなんです、そうなんです。」
飯田「もう覚えていないぐらい、多分、何回かやっているぐらい……。」
高城「はい、何回か占っていただいて。」
飯田「何か番組かラジオか、何か覚えていませんけど。」
高城「めちゃくちゃ、だから、今回は家から楽しみで来ました。」
飯田「本当ですか。」
高城「はい。最近、ちょうど占いにはまっていて。」
飯田「えっ、そうなんですか。」
高城「そうなんです。」
飯田「絶対はまらないほうがいいですよ。どこ行ったの、どこか行ったんですか。」
高城「横浜の中華街の占いにちょっと立ち寄ったんですけど。」
飯田「まあ、中華街、ありますけど、オーソドックスですよ。」
高城「でも、ちょっとそういうの、悪いこととかはあんまり信じないって思っているんですけど、やっぱ占いって気になっちゃうじゃないですか。」
飯田「まあまあ、そうですね、気になりますね。」
高城「今後の仕事のことだったり、プライベートのこと、今日はたくさんちょっと占っていただきたいな、なんて思っております。」

ゲッターズ飯田さんと高城れにさんは、占ってもらったことはあるものの、今回が初対面。
「仕事で多分、何度か勝手に占っていますよね。」とゲッターズ飯田さん。
今回は直接占っていただける機会とあって、「ぜひ直接お会いしたいなと思っていました。」とテンション高く登場された高城れにさんでした。
そんな高城れにさんは最近占いにはまっていて、お仕事やプライベートについても、「たくさんちょっと占っていただきたいななんて思っております。」と話していました。

高城れにさんの基本性格を鑑定

飯田「では、れにさん、占いまして、基本的な性格から。基本、実行力と行動力とパワーは非常にあるんですが、ベースが理屈っぽいので、すぐ『何で?何で?』って言うところと、『何?何?』って言うところで、探求心、追求心は非常にあるんですが、れにさん、基本的に雑でして、知りたがるわりには結構ざっくりしか聞いていないとか……。」
高城「ああ、当たっている。」
飯田「あと自分の好きなこと以外にほぼ興味ないので……。」
高城「ああ、当たっています。」
飯田「好きなこと、とことん調べるけど、ほかは聞かないというのがどうしても激しく出やすいところと。あと、熱しやすいわりにはめちゃくちゃ冷めやすいので……。ぶわっと探求、追求しておいて、急に、はい、もう飽きたって投げ捨ててしまうところが出やすいタイプですね。」
高城「めっちゃというか、全部合っています。」
飯田「めちゃくちゃ理屈っぽくて頭脳たけるわりには、お金の計算が苦手なので、もうけるとか段取りができていないので、決めて動くということがほぼできないタイプですね。
高城「そうですね。詰めが甘いってよく言われますね。」
飯田「そうですね。詰め、まあまあ、そうです、全部が雑なところと、ほぼ勢いで来ているので。面倒見がいい星は持っていますけど、本音、ほぼ人に興味ないので、基本、踏み込まれるのは嫌いだし、べったりが嫌いなので……。」
高城「確かに。」
飯田「ややこしいんですよ。褒められると何でもやるし、構ってほしいのに、構われ過ぎると鬱陶しいというタイプなので。」
高城「ああ、分かる。」
飯田「そこの差をちゃんと見ておかないと、今日は構わないのでというときは、本当、ほっておいたほうがいいのに、そこに来る人はごい嫌いだから、何で来るのみたいな。」
高城「これは何かもうすごい。だって、今さっきですよね、生年月日と名前、書いたの。」
飯田「はい、そうですそうです、はい。」
高城「こんな短期間でここまで、言っていなかった自分の内面まで分かっちゃうものなんですね。」

高城れにさんの基本性格は、「実行力と行動力とパワーは非常にあるがベースが理屈っぽい」「探求心、追求心は非常にあるが、基本的に雑」「自分の好きなこと以外にほぼ興味ない」「熱しやすいわりにはめちゃくちゃ冷めやすい」という鑑定結果に。「めっちゃというか、全部合っています」と驚く高城れにさんでした。

高城れにさんは「明るく演じると運が味方する星」

飯田「あと、仕事上、明るくしていますけど、基本的にマイナス思考なので……。」
高城「ああ、どうしよう。」
飯田「疑い深いマイナス思考なので、本当はプラス思考が、もう訓練されていない……。まあ、しているんですけど、もともとネガティブが強いので。」
高城「おお、何ていう、ちょっとマイナスプロモーションになってしまいますね。」
飯田「まあ、でも、れにさん、プラス、明るく演じると運が味方するという星を持っていますので、アイドル、ももクロでキャッキャ、キャッキャする感じをやると、より運が味方するので、そういった部分ではすごくいいと思います。」
高城「なるほど。」

「疑い深いマイナス思考でもともとネガティブが強い」と占い鑑定が出た高城れにさんでしたが、ゲッターズ飯田さんは「明るく演じると運が味方するという星を持っています」とのことで、ももいろクローバーZのアイドルとしての活動に「すごくいいと思います」とコメントしていました。

高城れにさんは「下半身が太りやすい」!?

飯田「1個ね、食事のバランスが圧倒的に悪いので……。」
高城「悪いです。」
飯田「同じものしか食べないとか、繰り返しが激しいので、これも飽きるまで食べて、飽きたらもう食べないみたいなところが強く出るところと。スラッとしていますけど下半身だけ太りやすいので。」
高城「わーっ、どうしよう。ちょっとマネジャーさん、来ていますよね。」
飯田「下半身、太りやすいんですか、やっぱり。」
高城「めちゃくちゃ太りやすいです。」
飯田「めちゃくちゃ痩せているのに。」
高城「いや、太りやすくて、ももクロに入った当時、まだ学生で、ちょっと食べ盛りのときに、やっぱ下半身だけ太ってしまうというのがちょっとコンプレックスで……という時期がありました。だから、今でも気をつけています。」
飯田「ああ、そうなんですね。あと麺類、食べ過ぎるので。」
高城「食べています。今日も食べてきました、お昼。」
飯田「麺類、食べ過ぎると、下半身太るので、ちょっと控えたらすぐ痩せますよ。」
高城「明日から控えます。単純。」
飯田「今日からじゃないんですね。」
高城「今日、あっ、そうか。こういうところですね、雑なのね。」

スラッとした高城れにさんですが、「下半身がちょっと太りやすい」星があると鑑定。「わーっ、どうしよう」という高城れにさんに、ゲッターズ飯田さんは「麺類をちょっと控えたらすぐ痩せますよ」とアドバイスしていました。

高城れにさんは「30歳から本気を出す」

飯田「えーっと、運気的には、占い上ですよ、ここ1年ちょっと、若干やる気がなかったです。」
高城「おお、ここ1年というのは2000……。」
飯田「2018年、19年、20年ぐらいは。」
高城「ああ、そうですか。」
飯田「どちらかというと、その前が楽しかった。4、5年ぐらい前まではやる気があって自分が表現したいという、本当は5年ぐらい前に一回、自分の中でですよ、れにさん的にはピークが来て、もう飽きているんです、とっくに。」
高城「あら、おっと。」
飯田「4年ぐらい前から、ちょっとほかのことをやりたいのと、よく言えば探求心があるので、ほかにもっとやりたいことを探そうかなというところで、今グルグルグルグル回ってはいるんですが、今年の年末、もしくは来年、やる気になることが見つかってくるので、一気に前に進み始めるのでやっといい流れに入ってきます。」
高城「本当ですか。」
飯田「やっといい流れって、ここからまだ上がるってすごい、ここから約10年、運気上がりますよ。」
高城「やった!」
飯田「しかも、あれです、れにさん、芸能人の星ってありまして、芸能人特有な運気ってあるんですが、まだ使っていないんですよ。」
高城「えっ、えっ、待ってくださいね。えーっと、結構、中学2年生のときから事務所に入っていて、今年27になるので、もう13年、この世界でやらせていただいているんですけど、まだ出していない。」
飯田「まだです。30歳からやっと本気出します。今までは何となくやっていますよ。」
高城「どうしよう、これ、放送できますかね、いろいろ。」
飯田「いや、いいんじゃないですか。」

運気的にここ1年ちょっと、若干やる気がなかったという高城れにさん。これから約10年、運気が上がる流れが来ていると鑑定結果がでました。「芸能人特有な運気をまだ使っていない」という鑑定に、13年芸能活動をされている高城れにさんはとても驚いていました。2020年年末、2021年に「やる気になることが見つかってくるので、一気に前に進み始めるのでやっといい流れに入ってきます」とゲッターズ飯田さんは解説していました。

高城れにさんは「ちょっと変な男にはまりやすい」!?

飯田「恋愛も一応。まあ、占い上なので言いますけど、結婚願望があんまり強くないんです。」
高城「はい、強くないです。」
飯田「どこか自由でいたいし、特にれにさん、心が10歳で止まっていまして……。」
高城「ああ、うん、よく言われます、これは。」
飯田「自分が子供だと自覚しているはずなので、子供を産むのは怖いと思って、言い訳して常に逃げるので。一個、恋愛が頭のいい方が好きなので、尊敬できる人が好きなんですが、ただ、もともと人があんまり好きじゃないので、興味がない……。」
高城「もうアイドルとしてどうなんだろう、私。」
飯田「興味がない、恋愛ですよ、興味を示して見ていないので、ちょっと変な男にはまりやすいのと……。」
高城「ああ、よく言われますね、それも。」
飯田「れにさんね、顔だちのはっきりした変態に引っかかりやすいです。」
高城「なるほど。」
飯田「そういう顔より男らしい人が好きなんですが、この自由な感じと、何だろう、占い上、心が雲みたいな感じでつかめないんですよ。実態がないように見えるから、どうやって口説いていいかというのがすごく難しいので。」
高城「私自身がですか。ああ、確かに。」
飯田「れにさんがまずうまく惚れるシグナルを出さないと。なのに、あまのじゃくなんですよ。」
高城「ああ、そうです。」
飯田「好きだと好きじゃない態度を取ったりとか、好意を感じると急に逃げるんですよ。だけど、気持ちはストレートなんですよ。こんなに好きなのにって、いえいえ、全然見えないわといって。」
高城「遠い昔の記憶だと、そうですね。小学生ぐらいの私はそうでした。」
飯田「なので、そこ、素直になっていくと、恋とか結婚とかに関しても、もうちょっと先ですけど、進んでいきますから。」

高城れにさんの恋愛について占うと、「結婚願望があまり強くない」「ちょっと変な男にはまりやすい」「どうやって口説いていいかすごく難しい」との鑑定結果に。「顔だちのはっきりした変態に引っかかりやすいです」というゲッターズ飯田さんの言葉に、「なるほど」と頷く高城れにさんでした。あまのじゃくな面が出やすいと占い上に出ている高城れにさんに、「素直になっていくと、恋とか結婚とかに関しても、進んでいきます」とゲッターズ飯田さんはアドバイスを送っていました。

次回の放送は、9月11日(金)21時からです!お楽しみに!

今回鑑定した高城れにさんは、1993年6月21日生まれの「銀の羅針盤座」でした。
ぜひ、自分やあの人の生年月日から五星三心のタイプを調べて、無料で五星三心占いを体験してみましょう。

▼五星三心のタイプを調べる▼
無料で占う


占い師プロフィール

ゲッターズ飯田の占い

ゲッターズ飯田の占い「いますぐ占う」