【2018年五星三心占い】金のインディアンの男性は年相応のイメチェンを

2018年の気になる運勢。ゲッターズ飯田さんが独自で編み出した占術「五星三心」の金のインディアンの人は好奇心が赴くままに行動してよい年。「昨年と同じことはしない」を2018年のメインテーマにするといいというほど、新たなチャレンジをすれば流れがよくなっていくようです。

五星三心のタイプは以下で調べることができます ゲッターズ飯田の五星三心 無料占い

金のインディアンの性格と仕事運は?

  • 好奇心旺盛
  • 心は中学生のまま
  • 深く語るのが好き
  • 妄想・空想が大好き
  • 交友関係が広い

好奇心旺盛でフットワークが軽く、陽気な中学生がそのまま大人になったような人。つねに新しい事に注目し情報を集めて、子どものような無邪気な心で世の中を見ています。妄想・空想が大好きで、面白そうなことに飛びつくのは速いが飽きるのもまた速いです。おしゃべりで答えの出ない話をしたり、深く語るのが大好き。同じ話を何度もして、くどくなりがちなようです。また、交友関係は広いですが、人との距離感を上手にとるタイプ。成長がなかったり面白みのない人からは自然と離れていきます。

仕事運・金運は「変化=ツイている」と思って

これまで経験したことのないような仕事に挑戦するのに最適な年です。金のインディアンは持ち前の明るさとフットワークの軽さを活かし、ムードメーカーになれる人なので、上司や部下の異動や会社の方針が変わるなど、職場の空気が変わりはじめても運が向いている証拠と思って受け入れましょう。ほか星の人たちは苦労と感じることも、インディアンはむしろ楽しく、そこから実力をつけ才能を開花できる人たちです。2018年の金運は、特に収入が増えたりしませんが、ここでまいた種がいずれ成長するので「お金の遣い方を勉強する時期」と心得ましょう。浪費グセの傾向がある金のインディアンですので、価値のあるものかどうか、人生経験に必要かの見極めが大切です。
【2019年】金のインディアンの運勢>>

ゲッターズ飯田とは

テレビやメディアで人気の占い師。目元を隠すような赤いマスクとハンチング帽にスーツ姿がトレードマーク。

1999年からお笑いコンビ「ゲッターズ」として活動していたが、2005年に解散。その後は作家・放送作家・タレント・占い師(ディスティニーナビゲーター)として、雑誌、ラジオ、TV、インターネットテレビ等、幅広い分野で活躍中。TV番組にも多数出演。構成作家としても活躍している。

「人の紹介でしか直接占いを行わない」という他の占い師と一線を画すスタンスが評判を呼び、これまでに占った鑑定人数は芸能人、業界人も含め5万人以上。

著書には『ボーダーを着る女は95%モテない!』『モテる人はダイエットをしない。』『モンスターハンター モンスター占い』『ゲッターズ飯田のいろんなマンガを勝手に占ってみました。』『ゲッターズ飯田の開運ブック』『ゲッターズ飯田の運命を変える言葉』『金持ち風水』など。

ゲッターズ飯田の五星三心2018年版

五星三心占いは、生年月日から羅針盤、インディアン、鳳凰、時計、カメレオン、イルカの6つの命数に分けられ、さらに金、銀の2つのタイプに分類。つまり、金の羅針盤、銀の羅針盤、金のインディアン、銀のインディアン、金の鳳凰、銀の鳳凰、金の時計、銀の時計、金のカメレオン、銀のカメレオン、金のイルカ、銀のイルカ、の12パターンに振り分けて運気の流れを鑑定していきます。書籍では、120パターンの一年の運気、ラッキースポット、カラー、フード、運気アップ3カ条などを掲載し、より個人個人にあった内容になっているようですので必見です!


占い師プロフィール

ゲッターズ飯田の占い

ゲッターズ飯田の占い「いますぐ占う」