【2018年五星三心占い】銀のインディアンの男性は人生の大掃除を

2018年の気になる運勢。ゲッターズ飯田さんが独自で編み出した占術「五星三心」の銀のインディアンの男性は、11月頃まで裏運気が続きそう。不運だなと思うことが多いかもしれませんが、人生の勉強だと捉えると良さそうです。

五星三心のタイプは以下で調べることができます
ゲッターズ飯田の五星三心 無料占い

銀のインディアンの性格と仕事運は?

  • 超マイペース
  • 心は中2~3年生
  • 人との距離をうまくとる
  • 「三方の星」があり、同時進行で物事を進められる
  • 集中力は15分しかもたない

「人は人、自分は自分」とかなりマイペースで、心は中学2~3年からまったく成長しないまま止まっているタイプ。警戒心があり、非常に慎重で人との距離を上手にとります。また、「三方の星」を持っており、複数の事を同時に行えます。そんなあなたをみて「集中力がない」「あわただしくせっかち」という印象をもつ人もいますが、気になったことはどんどんやることです。

ただし、集中力がなく15分くらいで物事に飽きてしまうため、「飽きたら次をやる」を繰り返すと、ものすごい能力が開花する可能性アリ。

 

2018年、転職はせず充電期間ととらえて感謝せよ

昨年に引き続き、思い通りにならない結果が多くなるでしょう。ここ1~2年の裏運気のあいだに不慣れな仕事を任されたりして、自分の欠点がみえてきたら2018年は改善する年だと思いましょう。

転職したいと思っても10月までは我慢して、裏運気を抜ける11、12月頃まで待てば周囲の状況が変わり、モチベーションが上がる出来事も起こりそうです。「辛抱」「耐える」というよりも「充電期間」ととらえ、この時期にしかできない勉強をすると吸収できそう。

わがままはトラブルになりますので、お世話になった人へ感謝し、求められる仕事があるありがたみを忘れないようにしましょう。また、仕事道具のメンテナンスにも良い時期です。

金運は「まったく上がらない年」といっていいほど大きな変化がありません。転職や引っ越しも11、12月までは我慢しましょう。インディアンの人は家電との相性や「医者運」が悪いようなので、人からのアドバイスや口コミを参考にするとよさそうです。

ゲッターズ飯田とは

芸能界最強占い師としての呼び声も高い、今注目されている占い師。目元を隠すような赤いマスクとハンチング帽にスーツ姿がトレードマーク。

1999年からお笑いコンビ「ゲッターズ」として活動していたが、2005年に解散。その後は作家・放送作家・タレント・占い師(ディスティニーナビゲーター)として、雑誌、ラジオ、TV、インターネットテレビ等、幅広い分野で活躍中。TV番組『笑っていいとも!』『バイキング』『お願い!ランキング』等、他にも多数出演。構成作家としては現在『久保みねヒャダこじらせナイト』に参加しており、『最強運芸能人決定戦。(フジテレビ系)』『笑っていいとも!』の構成も手がけていた。

「人の紹介でしか直接占いを行わない」という他の占い師と一線を画すスタンスが評判を呼び、これまでに占った芸能人、業界人の数は4万人以上に。

著書には『ボーダーを着る女は95%モテない!』『モテる人はダイエットをしない。』『モンスターハンター モンスター占い』『ゲッターズ飯田のいろんなマンガを勝手に占ってみました。』『ゲッターズ飯田の開運ブック』『ゲッターズ飯田の運命を変える言葉』『金持ち風水』など。また、『週刊プレイボーイ』『東京ウォーカー』『女性自身』でコラムや占いページを連載中。

ゲッターズ飯田の五星三心2018年版

五星三心占いは、生年月日から羅針盤、インディアン、鳳凰、時計、カメレオン、イルカの6つの命数に分けられ、さらに金、銀の2つのタイプに分類。つまり、金の羅針盤、銀の羅針盤、金のインディアン、銀のインディアン、金の鳳凰、銀の鳳凰、金の時計、銀の時計、金のカメレオン、銀のカメレオン、金のイルカ、銀のイルカ、の12パターンに振り分けて運気の流れを鑑定していきます。書籍では、120パターンの一年の運気、ラッキースポット、カラー、フード、運気アップ3カ条などを掲載し、より個人個人にあった内容になっているようですので必見です!


占い師プロフィール

ゲッターズ飯田の占い

ゲッターズ飯田の占い「いますぐ占う」