【2018年五星三心占い】銀の羅針盤の男性はサボリ屋を封印して学ぶ

2018年の気になる運勢。ゲッターズ飯田さんが独自で編み出した占術「五星三心」の銀の羅針盤の男性は「乱気」の1年。今年決断と行動がとても重要な年です。普段は目立たなかった「ドジな面」が、今年は一気に漏れて驚かれる可能性があります。

五星三心のタイプは以下で調べることができます ゲッターズ飯田の五星三心 無料占い

銀の羅針盤の性格と仕事運は?

  • 真面目で丁寧
  • 几帳面で上品
  • 甘えん坊
  • ネガティブ
  • サボりぐせがある

真面目で丁寧、几帳面で品を感じさせる人。自分が好きなことで周囲が驚くような才能を開花させられます。真面目さと上品さからかしっかりした人にみられますが、実は言われないとやらない怠けぐせもあります。好きなことで力を発揮できるタイプなので、好きなことが見つかると強みになるでしょう。基本的には人任せで甘えん坊なので、リーダーシップがあったり面倒見の良い人に弱いです。まとめ役で頼りがいのある人や、サポートに長けていて包容力のある人に恋に落ちやすいでしょう。考え方のベースがネガティブなので、よかれと思って周囲が言ってくれた一言をマイナスに考え過ぎることも多く、一人落ち込むことも。人間関係をつくることが苦手なので、人と一緒にいるよりも、ものづくりやデータ管理、発明や研究にいそしむとよいでしょう。

転職はせず、楽しい部分をみつけて

2018年は謙虚に粛々と、ひたすら真剣に取り組むことが大事です。次々と問題が発生する年ですが、それは実力不足や自分の感謝の気持ちが足りないことが原因。自分のためではなく、会社や社会に貢献するにはどうしたらよいかを考えて行動すると運気がよくなっていく時期です。「乱気」の影響で、すでにやる気を失っていたり部署異動や得意な仕事から外されるなど、環境の変化がなかった人でも仕事に飽きてモチベーションが下がったり、意欲がガクンと下がる問題が出てくるでしょう。しかし、上司や会社に逆らったり転職や離職は今後何年も路頭に迷うことになるのでNGです。好きなことを仕事にしたい銀の羅針盤ですが、2018年は「いまの仕事をどう好きになり、どこが楽しいのか」を見つけていく時期です。

ゲッターズ飯田とは

芸能界最強占い師としての呼び声も高い、今注目されている占い師。目元を隠すような赤いマスクとハンチング帽にスーツ姿がトレードマーク。

1999年からお笑いコンビ「ゲッターズ」として活動していたが、2005年に解散。その後は作家・放送作家・タレント・占い師(ディスティニーナビゲーター)として、雑誌、ラジオ、TV、インターネットテレビ等、幅広い分野で活躍中。TV番組『笑っていいとも!』『バイキング』『お願い!ランキング』等、他にも多数出演。構成作家としては現在『久保みねヒャダこじらせナイト』に参加しており、『最強運芸能人決定戦。(フジテレビ系)』『笑っていいとも!』の構成も手がけていた。

「人の紹介でしか直接占いを行わない」という他の占い師と一線を画すスタンスが評判を呼び、これまでに占った芸能人、業界人の数は4万人以上に。

著書には『ボーダーを着る女は95%モテない!』『モテる人はダイエットをしない。』『モンスターハンター モンスター占い』『ゲッターズ飯田のいろんなマンガを勝手に占ってみました。』『ゲッターズ飯田の開運ブック』『ゲッターズ飯田の運命を変える言葉』『金持ち風水』など。また、『週刊プレイボーイ』『東京ウォーカー』『女性自身』でコラムや占いページを連載中。

ゲッターズ飯田の五星三心2018年版

五星三心占いは、生年月日から羅針盤、インディアン、鳳凰、時計、カメレオン、イルカの6つの命数に分けられ、さらに金、銀の2つのタイプに分類。つまり、金の羅針盤、銀の羅針盤、金のインディアン、銀のインディアン、金の鳳凰、銀の鳳凰、金の時計、銀の時計、金のカメレオン、銀のカメレオン、金のイルカ、銀のイルカ、の12パターンに振り分けて運気の流れを鑑定していきます。書籍では、120パターンの一年の運気、ラッキースポット、カラー、フード、運気アップ3カ条などを掲載し、より個人個人にあった内容になっているようですので必見です!


占い師プロフィール

ゲッターズ飯田の占い

ゲッターズ飯田の占い「いますぐ占う」