【2018年五星三心占い】銀のインディアンの恋愛運・運命の出会い・時期

ゲッターズ飯田さん著書の「五星三心占い」2018年版が発売されました。今回は銀のインディアン(女性編)の2018年恋愛運について解説します。基本性格や恋愛傾向、運命の出会いの時期、恋愛運アップ法を調べました。

ゲッターズ飯田の五星三心占いとは?

ゲッターズ飯田さんが生み出した、下記の早見表によって導き出される1~60の命数によって占います。生まれた西暦年が偶数であれば「金」、奇数であれば「銀」があなたのタイプです。

五星三心早見表
ゲッターズ飯田の五星三心 無料占い

【基本性格】銀のインディアン

「人は人、自分は自分」とかなりマイペースに生きる人。心は中学2〜3年から成長しないまま大人になっていますが、警戒心があり慎重で人との距離を上手にとることができます。また複数のものごとを同時に進行できる「三方の星」の持ち主です。ただし、集中力がなく15分くらいで一つの物事に飽きてしまうため、「飽きたら次をやる」を繰り返すと、ものすごい能力が開花する可能性アリ。

恋愛傾向としては、恋人の理想がかなり高め。外見のセンス、生き方、収入面などいろいろと考えますが、最終的には身近な男性に弱いタイプです。頭の中は超浮気性で、Hな妄想を楽しむことも。束縛や支配される相手は苦手で、程よい距離を保ってくれる人とは長いつきあいができます。「一緒にいるのが楽」とマイペースを許してくれる人が幸せな結婚へとつながるでしょう。

【2018年の恋愛運】心の整理が出会いを引き寄せる

ひとつの恋を終わらせることで、運気がよくなる年。ここ1〜2年の裏運気でスタートさせたお付き合いは、これまで興味のない相手だったりふだんとは違う恋をしていたと思いますが、そういう人ほど縁を切ることが大事です。「別れてよかった」と思える前向きな別れをしましょう。

2018年は「心の整理」を最優先にすることが大きなカギ。特にむかしの失恋や過去の恋を引きずっている人は、ここで「あの人がいたおかげでいまの自分がいる」と本気で感謝できれば整理は完了。人間関係や自身の問題を整理すれば開運につながるので、あせらず、まわりに感謝して過ごすと、素敵な人が現れそうです。

【運命の人と出会う時期】いつ?場所は?

運命の人ともいえるあなた本来の好みの人と出会えるのは、11、12月の年末。上半期に出会ってはじまった恋は縁が浅く、短く終わる運気です。長くてもせいぜい2〜3ヵ月のつきあいになってしまうでしょう。10月までに気持ちを切り替えて、年末の新たな出会いをキャッチしてください。

年末の刷新の時期には、自分のイメージを刷新するとことで、いい出会いを引き寄せます。落ち着いた雰囲気を演出することがポイントになるので、バーや美術館といった大人なスポットで素敵な男性と出会えるかもしれませんね。

結婚運については、11、12月の運気がいい日に入籍するといいでしょう。もしそれ以外の時期に入籍する場合、相手の運気をチェックしてください。

【2018年恋愛運アップ術】女子力を高める方法とは

「整理の年」である今年は健康管理が重要です。特に上半期は要注意。暴飲暴食や睡眠不足など、不健康のもとになることは極力、避けるようにしましょう。食生活や生活リズムを根本から整えていくのにぴったりの年です。また昼寝も運気アップにおすすめ。できる範囲内で昼寝をするサイクルをつくるといいでしょう。健康であることが美しくあることの基本です。体質改善の機会にもいいかもしれませんね。

そして運気がぐっと上がる11、12月は思い切ったイメチェンを。心が中学生で止まっているインディアンの人は、つい実年齢より若いファッションに走りがちですが、いまの自分に見合ったイメチェンがマスト。幼稚な服や年齢に見合わない髪形はやめて、全体的に大人っぽくシフトするといいでしょう。落ち着いた色味のネイビーやブラックを上手く取り入れてみて。


占い師プロフィール

ゲッターズ飯田の占い

ゲッターズ飯田の占い「いますぐ占う」