HOMEへ ゲッターズ飯田の占い

五星三心に恋して

運命に溺れる

この物語の主人公
金のイルカ座(♀) 星見翠(ほしみみどり)
×
銀のイルカ座(♂) 水原海(みずはらうみ)

 あの日の私は、運命の出会いなんて求めていなかった。

 ただ毎朝、勤めている出版社で、疲れた顔をして出社してくる社員たちに「星見さんは今日もかわいいね」「翠ちゃんの笑顔、癒されるよ」なんて、ちやほやされるだけで、満足していた。
 ちょっと恋愛に疲れていた頃だったのかもしれない。

 でも不思議と、そういう時に限って、人は運命の相手に出会ってしまうのだ。



 梅雨の湿気た空気が、身体中にまとわりつく日だった。
 そのせいで、いつもよりきれいに巻けた髪がうねって、わりと最低の気分だった。

 同じ受付の後輩に、どうしても来てほしいと頼まれて行ったコンパに、水原海(みずはらうみ)はいた。