【芝浦音楽カフェ Vol.10】道重さゆみをゲッターズ飯田が鑑定「2022年に次の道へ」

SHIBAURA MUSIC CAFE Vol.10 道重さゆみ

芝浦音楽倉庫に併設するカフェ「SHIBAURA MUSIC CAFE」マスターのゲッターズ飯田さんが訪れたお客さんを占うコーナー!第10回のゲストは道重さゆみさん!

道重さゆみさんは「27歳と28歳で運命が……」

飯田「27歳と28歳で運命がすごい切り替わるって言ってたら、ちょうどそこで復帰されてるんですね。」
道重「はい、ちょうどその時期に。モーニング娘。卒業して2年半ぐらいお休みしてたので、ほんと丁度27ぐらいの時に復帰しました。」
飯田「全然そこ知らなかった、ずっとやってると思いました。」
道重「いや、結構2年半もゆったーりしてました。」
飯田「まあでも、そこ占い的には休んでた方がいいんですよ。すごい、さすが勘いいですね。」

道重さゆみさんは、占いで「27歳と28歳で運命がすごい切り替わる」というタイミングでしたが、ちょうどその時期に「モーニング娘。」を卒業。ゲッターズ飯田さんは「占い的には休んでた方がいいんですよ。すごい、さすが勘いいですね。」とコメントしていました。

道重さゆみさんは「2022年に次の道へ」

飯田今年、来年のこの2年で、来年、再来年で次の道、自分がこういうのやりたいっていうものが出来上がってくるので、やってるかもしれません、ちょっと、ファッションか、女性向けのブランド作ったらめちゃくちゃ儲かりますよ。儲かりますよと言うと失礼ですけども、うまくいきますよ。どちらかと言うと、ここから女性ファンが増えると思います。まあ、カリスマとまでは言いませんけど、ちょっと女の子から注目される感じの。」
道重「えっ、嬉しい…」
飯田「30代こうなりたい!みたいな人になれる可能性があるので、そういうの興味あるんですか?」
道重「そうですね、なんか最近自分的に、コスメだったりとか、そういうものがすごい興味があって、いろんなファッション誌とか見て勉強したりとかもしてます。」
飯田「じゃあちょっと自分のブランド作ってみようとか。」
道重「えー、すごい、名前なんにしようかなあ」
飯田「早い!(笑)妄想が早い、さすが妄想好き。そういうピンと思ったことをもしやるんでしたら、来年2020年の誕生日周辺か、もう1年先、2021年の誕生日周辺にそういったものをやってみると、すごい注目されてくるので。これはもう、事務所の人に喋ればいい話ですけど(笑)あの、こういった話がもし来たら、受けた方が、注目されてきますから。」
道重「なるほど、もう躊躇せずガンガンやります。」

道重さゆみさんは、2022年に次の道へ進むという占い結果に。また、ファッションか、女性向けのブランド作ると成功すると鑑定。結果を聞いた道重さんは「名前なんにしようかなあ」と生まれつきの「妄想好き」である様子を見せていました。

道重さゆみさんは「体調が……」

飯田「あと体調がね、スタミナがややないタイプなので、基礎体力作りはしておかないと、すぐ疲れる。」
道重「きゃー、運動がすごく苦手なんですよ。」
飯田「ああ、まあそうでしょうね。基本、体力あんまりないですもんね。」
道重「そうなんですよね。なので、公演を今やらせてもらったりとかして、そこでのダンスとか歌とか、すごく楽しいんですけど、こうなんか、1人で黙々とっていうのが……すごく苦手なんです。でもやった方がいいってことですよね。」
飯田「そうですね。でも道重さんもともと喋ってないとダメなタイプなので、喋る相手がいたら多分運動出来るので。」
道重「あ、そういうことなんですか!? じゃあ、喋りながら運動ってこと……。」
飯田「誰か友達とか、知り合いとか。」

体調については「スタミナがややないタイプ」で「基礎体力作りはしておかないと、すぐ疲れる」という結果。道重さゆみさんは、友達や知り合いと「喋りながら運動」をすると良いようです。

道重さゆみさんの人間関係「あんまり友達がいない星」

飯田「あ、ただ人間関係っていうと、道重さんあんまり友達がいない星でして。」
道重「あー!そうなんですよ!(笑)」
飯田「もともとあの、いらないですもんね。」
道重「そうなんです、一人がすごく好きで」
飯田「そうですよね。寂しがる割には構われるのめんどくさいから、特に小学校中学校とかもう人間関係、もうあんまり関わりたくないので。関わりたくないって言ったら失礼ですけど、小中がもともと微妙で、16歳過ぎてから人との縁が繋がってきてますけど、社会に出てからの方がいいんですけども、それまで学生の繋がりがすごい弱いタイプなので。」
道重「学生の時の友達はもうほんと、一人とかですね、もう今、ずっと仲良いのは。」
飯田「でもそれ、その方がいいんですよ。」
道重「えっ、そうなんですか?」
飯田「道重さんね、あの「知り合い」ですね「知人」っていう星を持ってまして。知り合いを増やせば増やすほど、幸せになるタイプなので、薄く広く知り合っておけばいいです。あんま深入りしない方がいいです。」
道重「そうなんですね、でも広い方がいいんですか?私ほんと友達少ないタイプで」
飯田「深いのがダメなだけです。薄く、まあ芸能人の方でも、知り合った女性でいいので、「ご飯行きましょうね」「行きましょう」ぐらいで、別に行かなくていいので、行きましょうぐらい適当に言うみたいな。」
道重「えー!そうなんですね!」
飯田「そこが礼儀正しいので、言ったら行かなきゃ、みたいな」
道重「うんうんうん」
飯田「面倒くさいから「行きません」って言っちゃおうかな、みたいな。もう少し適当に喋るというか、とりあえず知り合い止まりみたいな人を増やしておくと、より良くなっていきますよ。」

もともと友だちがいないという道重さゆみさん。占い上では「知り合いを増やせば増やすほど、幸せになるタイプ」なので、深いつながりの友だちよりも、薄い人間関係の方が適しているようです。ゲッターズ飯田さんは「知り合い止まりみたいな人を増やしておくと、より良くなっていきますよ」とアドバイスしていました。

道重さゆみさんの健康運「右肩が弱い」

道重「やっぱ健康は気になりますけど、やっぱその運動ってことですよね…」
飯田「健康はね、肌が弱いのと。あと、膀胱炎になりやすいのと、右肩が弱いので、」
道重「右肩ですか?そうなんだ……。」
飯田「はい、右肩凝りやすくなってくるので」
道重「でも肩こりはすごいあります。」
飯田「若いのに?」
道重「いや、若くは!若いですかね…?でも、ほんとに肩こりは10代から、結構ずっとあって」
飯田「あるんですか」
道重「マッサージとか月一ぐらいで10代から行っちゃってますね。」
飯田「10代からマッサージ行ってるんですか?!」
道重「行っちゃってます。だからもう結構止めれないです。色々調べたりしてるんですけど、マッサージ行かずに肩こりが取れる方法とか、でも結局運動になるんですよ!」
飯田「そう、運動しないとダメですよね。」
道重「だからマッサージで寝てるだけがいいなあって。」
飯田「どんだけ怠けようとしてるんですか!(笑)」
道重「そうなんですよね、良くないですよね、やっぱそれが。」
飯田「軽く肩動かすぐらいでもいいので、やっておくと。」
道重「わかりました。大きい病気はなさそうですか?」
飯田「大きい病気はそんな出てないですね。2022年ちょっとありますけど、まあでも、もともとおっちょこちょいで転びやすいので、膝元・足元だけ気をつけて、あと膀胱炎か……。それだけちょっと気をつければ。」
道重「分かりました!」
飯田「でもそこからいよいよ本領発揮が始まりますんで、楽しくなってくると思います。」

健康については「肌」「膀胱炎」「右肩」に注意。結果を聞いた道重さゆみさんは、肩こりがひどく、マッサージに「10代から行っちゃってます」とコメント。大きい病気については「2022年に少し」「もともとおっちょこちょいで転びやすいので、膝元・足元だけ気をつけて、あと膀胱炎か……。」とアドバイスを送っていました。

道重さゆみさんのラッキーフード&カラー

道重「何か食べた方がいいものとかあるんですか?」
飯田「食べ物ですか?柑橘類です。」
道重「えー!でも今日も朝みかん2個食べてきました。いいことですか?」
飯田「柑橘類が一番いいので、食べてください。ラッキーカラーは白、オレンジ、薄いグリーンかな。」
道重「白、オレンジ、薄いグリーン…」
飯田「身につけると良くなります。」
道重「分かりました。今まで白は身につけてても、薄いグリーンとか多分あまり手出してきてないかもしれないので、」
飯田「そうですね、グリーン合わせづらいですから…あ、そうだ。あとモノトーンの服がいいです。すごく。」
道重「わあ!そうなんですね!」
飯田「はい、いいですね。」
道重「モノトーンは私ずっと着てます、昔から。」
飯田「ほんとですか。モノトーンはラッキーなので。」
道重「じゃあそれも勘で、身につけてたのかもしれない。」
飯田「僕の占いでもね、もともと勘がいいタイプなので。こういう方いるんですよ、占いより先に占いを当てられる、みたいな。」
道重「えー!すごい!意識はないけど、ってことですか?」
飯田「そう、パパパって決めれて、で、占い師さんに多いですよ、このタイプ。占い師って言いながら、ただ勘がいいだけで、めちゃくちゃ当たる!って紹介されると、ただこの人勘いいだけだな、みたいな。」
道重「すごい、なるほど。」
飯田「当たり外れは出やすいんですけども、もともとそういうの道重さんも持ってるので、感覚でなんでも決めたら。」
道重「なるほど、でも結構ジンクスとかもすっごい決めるタイプなんですよ。」
飯田「なんですか?ジンクスって。何やってるんですか?」
道重「例えば、自分の中ですごく気の利いたコメントが言えた日の服を、また同じような系統のラジオだったりテレビだったりする時に、その服を着ていかないと「気の利いたことが言えないかも!」と思うと、絶対その服はマストで、外の仕事はそれ、みたいな。」
飯田「気の利いたことってなんですか(笑) 普通にそれ訓練でできるじゃないですか!」
道重「いやでもやっぱ、その時にパッて思いつくかどうかってあるじゃないですか。そういうのすごい決めるタイプなんですけど、そういうのはあんまり細かく考えずに、パパッてその日の気分でいいですかね?」
飯田「まあでも、細かいこと気にする星持ってるので、それが縁起がいいって思うならやっておいたらいいですよ。いいんじゃないですか?」
道重「そうなんですね!分かりました。」
飯田「気の利いたコメント気にするんですね(笑)」
道重「すっごい気になります!」
飯田「「撮れ高あったわ」って思うんですよね?」
道重「そう、「頑張れた!」って思う日と、「ああ、もう一歩だな」って思う日あるんで、そういう時は「もう一歩だな」って思った日の洋服とかは、写真撮影の日に着て行ったりとか。そうしたらコメントは関係ないじゃないですか(笑) でもこのお洋服はお気に入りだから着たい、とかだと、そういう風に使い分けてます。」
飯田「テレビ見てたら、あれ?同じ服着てんな、って思ったら、これはコメント力があった日の服なんだな、っていう目で見ちゃいますよ(笑)」
道重「でもそうなりますよね(笑) 基本私服の方なんですけど、でもそういう風にすぐジンクス決めますね。」
飯田「まあでも、いいんじゃないですか?それは。」
道重「ほんとですか?」
飯田「ちょっとメンタル的な部分で、弱いわけじゃないけど気にするっていうのはもともとあるので、それ着て精神的に落ち着くなら、やる方がいいと思います。」

道重さゆみさんのラッキーフードは「柑橘類」ですが、たまたま収録の朝もみかんを2個食べてきたそうです。ラッキーカラーは白、オレンジ、薄いグリーン、また「モノトーン」も。

道重さゆみさんの結婚運「結婚は4年後」

飯田「結婚は4年後ですよ。」
道重「えー!4年後!」
飯田「34はもういいでしょ、マネージャーさん。ね、そうしないと今度、子供が産めないってなって病んできちゃいますから、みんな。そんな人もたくさん見てますから。早かったら2022年、2年、3年後?」
道重「2、3年後って感じ?」
飯田「まあでも、ちょうどいいんじゃないですか? 今、この結婚ブーム乗らないとね。」
道重「今すごいですよね。」
飯田「ね、これで乗ったらもみ消されるかなあ。分かんないうちに、誰がしてても分かんないから。」
道重「たしかに。もうすごいニュース見てたら、すごい幸せな気持ちになりますもんね。そのニュースばっかりで。」
飯田「こんなにみんないく? みたいな感じで、ドドドドドっていってるから。」
道重「今年凄かったですね、いい夫婦の日。」
飯田「毎年ですけど、特に多かったですね。でも出会い的にも、2020年、21年、新しい人がたくさん出てきますので、いろんな人に会うように、わざと動いていったら。ちょっと臆病なところあるので。ビビらずね。」
道重「新しい出会いを。」
飯田「臆病なくせに根は図々しいですから、本当は。本当はズカズカ言う人なんですよね。」
道重「そうですね、口は本当になんか、小学生の時とかに学校の先生に一番よく怒られたのは、すっごいいつも、頭で考えて全部口で喋ってるから「一旦10秒、その今から言うことを頭で考えなさい」っていつも言われてました。」
飯田「それはでもいいんじゃないですか?どんどん言った方が。それが道重さんの才能ですから。」

道重さゆみの結婚について「結婚は4年後」とコメント。続けて「早かったら2022年、2年、3年後」と鑑定。恋愛について「2020年、21年、新しい人がたくさん出てきます」「ちょっと臆病なところあるので。ビビらずね」とアドバイスしていました。

次回の放送は、2020年1月3日(金)21時からです!お楽しみに!


占い師プロフィール

ゲッターズ飯田の占い

ゲッターズ飯田の占い「いますぐ占う」