【2020年運勢ランキング】ゲッターズ飯田の五星三心占い・恋愛編!

ゲッターズ飯田さんが、2020年の五星三心ランキング恋愛運を発表!

▼2020年の占い 五星三心タイプ別の鑑定記事はこちら
【2020年の運勢】ゲッターズ飯田が五星三心占いで2020年を鑑定

▼無料で五星三心のタイプを調べる▼
2020年の運勢を占う

ゲッターズ飯田の五星三心占い・恋愛編

おくまん「さあ、今回の動画はですね、みなさんお待ちかねの、恋愛に特化したランキングでございますから、飯田さん。」
飯田「いやもう、総合運とほぼ一緒だから。当たり前ですけど。」
おくまん「そうなんですか?」
飯田「運気、激悪いのにモテるわけない(笑)」
おくまん「あ、そうか。そうか、そもそもが。」
飯田「総合運の中に恋愛運も含まれてますから……。」
おくまん「え、でもほぼ同じってことは、ちょっと違うってこともある?」
飯田「ちょっと違いますね。ちょっと違うけど、もう最下位から中盤までほぼ一緒よ。」
おくまん「あら、そうなんですか。」
飯田「まあ、アドバイスはちょっと違いますから。」
おくまん「あ、なるほど。このアドバイスをみんな聞くために、やってますから。」
飯田「こうしたら良いですよを言いますから、そちらをお楽しみください。」

今回は、恋愛に特化した運勢ランキング。ゲッターズ飯田さんは「総合運とほぼ一緒だから」と言いつつ「まあ、アドバイスはちょっと違いますから。」「こうしたら良いですよを言いますから、そちらをお楽しみください。」とコメント。

先日はトークショーで種子島へ

おくまん「種子島のみなさん、元気ですか?」
飯田「なんで言ってるの。種子島だねえ。」
おくまん「ね、この前トークショーで飯田さんと行きましたけども。」
飯田「いやほんと、種子島、見習った方がいい。日本人全員。」
おくまん「ほんと、そうかもしれない。」
飯田「みんな明るい。」
おくまん「みんな明るいしみんないい人でしたね。」
飯田「このサイト入ってるって言ってましたよ。『毎日見てます』って。これも見てるそうだよ。」
おくまん「すごいなあ……。」
飯田「言ってた言ってた。」
おくまん「よかった……いい町だったなぁ、いい島だったなぁ。」
飯田「こんな話はいいんですよ(笑)」
おくまん「いいですね、それじゃあいきましょう。」

先日はトークショーで種子島へ。ゲッターズ飯田さんは「種子島、見習った方がいい。日本人全員。」「みんな明るい。」と種子島の人についての印象を語っていました。おくまんさんも「よかった……いい町だったなぁ、いい島だったなぁ。」と振り返っていました。

2020年五星三心ランキング恋愛編「第12位は銀のイルカ座」

おくまん「2020年五星三心ランキング恋愛編、第12位は!」
飯田「銀のイルカ座です。」
飯田「総合運と一緒なんですけども、一番『乱気』というところに入るので、ただ恋愛が全くできないという訳ではないので、裏運気の裏周期と一緒なので、意外な男性が出てくるとか、あと全然違う角度でモテたりするので。」
おくまん「違う角度ってどういうことですか?」
飯田「なんだろう、一般の方だと急に女優さんと付き合ったり、俳優と付き合うみたいなとか、全くタイプじゃない人が出てくるのと。ただ最初これ一見良さそうなのよ。」
おくまん「はい、良さそうですよね。いいじゃないですか?!」
飯田「付き合ってみたらヤクザだったとか、DVだったとか……。」
飯田「逆に、悪そうに見えて、『やだ』と思って付き合ってみたらすごい真面目でいい人だったとか、そういう意外性がすごい出る。」
おくまん「あ〜なるほど。裏っ側になってるから。」
飯田「そうそう。長い付き合いをする時じゃないので、もう最初から短い!って諦めておくと、いいと思います。」
おくまん「それを変に長く続けようと思うと、痛い目を見るというか。」
飯田「勉強だな、と思っておくといいと思います。」

2020年五星三心ランキング恋愛編、第12位は「銀のイルカ座」で「総合運と一緒なんですけども、一番「乱気」というところに入るので、ただ恋愛が全くできないという訳ではないので、裏運気の裏周期と一緒なので、意外な男性が出てくるとか、あと全然違う角度でモテたりするので。」「意外性がすごい出る。」という診断結果に。

2020年五星三心ランキング恋愛編「第11位は金のイルカ座」

飯田「11位は、金のイルカ座です。綺麗に真裏に出ますので、これ、裏運気というところ、僕の占いでは一番特徴的な裏運気というのをよく使うんですけども完全な『裏モテ期』です。」
おくまん「裏モテ期っていうのは?」
飯田「自分が『タイプじゃないなあ』って思った方からめちゃくちゃモテます。『おくまんくんじゃねえよ』みたいなやつ。『おくまんくんじゃないんだよ』みたいな(笑)」
おくまん「僕だってその人じゃないですよ!なんであっちから言われなきゃいけないんですか!僕だってあの人じゃねーっすよ!(笑)」
飯田「おくまんくんが言うんじゃないよ!(笑)」
おくまん「(笑)」
飯田「銀ほどバランスが悪くは……。運気って、綺麗にひっくり返ったら、そっちの色持ってる運使えるのよ。銀のイルカはちょっと斜めになってるのよ。バランスが悪いから、一番危険なんだよ。」
おくまん「不安定なんですね。」
飯田「そう。で、金のイルカほど綺麗にひっくり返ると、運命的な出逢いがあったりとか、腐れ縁ができたりとか、とんでもないことが起きる可能性はある。ただ、裏運気なので自分の好みとは全然違う方に自分も向いちゃうので、元戻った時に、「あれ、やっぱタイプじゃないや」みたいな。『やっぱちょっとおくまんくんじゃないや』みたいな。」
おくまん「そんな人に好かれたくねーっすよ(笑)」
飯田「変わっちゃうな、ってことを知っておくといいのと、あと高嶺の花とか、これは絶対手が届かない人にあえて告白すると、ダメ元がひっくり返るんです。うまく行く可能性。これ乱気だとうまくいかないけど、裏運気はそれができるんです!」
おくまん「完全にひっくり返れば。」
飯田「完全にこれはダメだと思って、ダメ元。期待していっちゃダメなの。ちょっとこの人私に気があるでしょ、って思ったら実は逆に振られるから。」
おくまん「ああ、裏に出るのか。完全にダメだ!と思わないと。」
飯田「完全にない。」
おくまん「『ダメだと思ってるんですけど付き合ってください!』ぐらいの?」
飯田「そう……?! いや、それはおかしいでしょ(笑) ダメ元の方が効果が出るので、ぜひぜひ使ってみてください。」

2020年五星三心ランキング恋愛編、第11位は「金のイルカ座」で「裏モテ期」に。タイプじゃないという人からもモテる可能性が。告白する時は「ダメ元の方が効果が出るので、ぜひぜひ使ってみてください」とアドバイスしていました。

2020年五星三心ランキング恋愛編「第10位は銀の羅針盤座」

おくまん「それでは、第10位!」
飯田「銀の羅針盤座ですね。銀の羅針盤座が整理の年に入ると、区分けするので、恋愛運でいうとそんなに良いとは言わないんです、一個あるのは、長く付き合ってたカップルはここで結婚する可能性はあります。裏運気、乱気のところを通り過ぎて3年から4年お付き合いした人は、要は波の一番激しいところの、裏の姿を見てても受け入れられたってことは、愛情があるという。愛情を試されて、それを乗り越えましたってことは、整理する、『じゃあこの人かな』って決めるという部分では非常に良いタイミングなので。新しい出逢いというとちょっと、うーん、年末とか後半の方がいいんですが、結婚を決めるという部分では銀の羅針盤座のタイミングがいいので、10位となりました。」
おくまん「えー!タイミングいいんだ……。いいですね、銀の羅針盤座。」

2020年五星三心ランキング恋愛編、第10位は「銀の羅針盤座」で「整理の年」になります。長く付き合ってたカップルは、結婚する可能性が。新しい出逢いは「年末とか後半の方がいい」とコメントしていました。

2020年五星三心ランキング恋愛編「第9位は金の羅針盤座」

おくまん「じゃあ次は、第9位いきましょう!」
飯田「第9位は、金の羅針盤座ですね。この辺はね、総合と変わらないですが、新しい出会いが増える時です。恋愛でいうと、一個は成長した感じなので、ステップアップ、自分に見合う人がレベルが上がってきてる。下がる人もいるけど、基本的には上がってきてるので、見直しですね。今まではこのAタイプぐらいの、こういう人が好きだなって思ったけど、運気的には一個成長したので、AだけどAのグレードちょっと上、みたいな。A’に目がいくみたいな感じ。言ってみれば。」
おくまん「へえ、はいはいはい。」
飯田「上がってるから、なのに『自分はこっちだから』って下げちゃうとダメなので、ちょっと目線を少し上げるというか、新たな人を見るといいと良い方出てきますので。イメチェンしたりすると良い。」
おくまん「イメチェン! イメチェンって例えば、髪型とかってことですか?」
飯田「金の羅針盤座は品格、お嬢様風とか。なんだろう、ワンピースとか。」
おくまん「じゃあ、ワンピースとかが良いんですね。」
飯田「羅針盤座はね、ちょっと変な幾何学模様を着るので、もうちょっと一般的な」
おくまん「一般的な、そんな奇を衒(てら)わずに。」
飯田「そうそう、ニットニット。男はニットでしょ。首がこうなってて(詰まってて)、腕が出てて、胸元がわかりやすい『え?寒いんだか暑いんだか分かりづらい』みたいな(笑)」
おくまん「それ大丈夫ですか?(笑)」
飯田「この間歯医者の先生たちと話してたら、あれが良いよね、って。なんかあります?って話聞いたら、『首がこうなってて、腕が出てる、胸元がぴちっとしたふわっとした色のニット』『あれ良いよね!』っていうのが、みんな盛り上がってて。まあ分からないでもないけど。」
おくまん「歯医者に特化した(笑)」
飯田「歯医者が好きらしいですよ!首がこうなってて、腕が出てるニット。」
おくまん「お金持ちですからねえ。え、女性ですよね?今の。女性の話ですよね?」
飯田「男性だったら気持ち悪いですよ!なんで男性がとっくりの、腕出てて胸元ぴちっとしたやつ着るんですか(笑) 良いらしいですよ。参考にしてください。」

2020年五星三心ランキング恋愛編、第9位は「金の羅針盤座」で、新しい出会いが増える時。恋愛について「一個は成長した感じなので、ステップアップ、自分に見合う人がレベルが上がってきてる。」とコメント。品格、お嬢様風、ワンピースなどでイメチェンをすると良いそうです。

2020年五星三心ランキング恋愛編「第8位は銀の鳳凰座」

飯田「第8位、銀の鳳凰座ですね。恋愛運的にはちょっと下げてしまったんですが、リフレッシュの年なので、忙しいので、ちょっと恋愛に目が向けられないかなって。で、年末。11月12月になると恋愛運、急激に上がってくるので、そこが良いです、そこしか良いところないので、まあ1月もちょっとあるんですが、なので恋愛はちょっと1年なだらかというか。で、年末グッと上がるのでそのチャンスを掴んでください。」
おくまん「飯田さん、この恋愛運がちょっと上がった時は何をすればいいんですか?上がる前からちょっと準備してるんですか?」
飯田「鳳凰座こそ、こうって決めたら変えないので、いいよって教えておかないと『まだ良くない、まだ良くない、全然良くない』みたいな、ずーっと思い込んでて。『いや、この人じゃない』みたいな。」
おくまん「めんどくさいですね、鳳凰座。」
飯田「銀はめんどくさいんです!(笑)」
おくまん「銀はめんどくさいんですか?」
飯田「めんどくさい。めんどくさいっていうか、自分の中でターゲットを決めて、Aパターンしか見ない!Aパターンなんだ!とか、恋とはこうだ!ってハマっちゃうと、例えば一番最初に恋した人が『顔が可愛いから好き』ってなると、「男とは顔が可愛いから好きになるから、顔だけあればいい!」みたいな、で、次の男が『性格が好きなんだよね』って言ったら『それはもう恋じゃない!』って言って。『恋とは顔なんだ!』みたいになる。決めつけすぎちゃうことが、失敗に繋がっちゃうので。ちょっとそれをね、変えて。運気良くなるよ、って言ったら『いろんなところを好きになってもらえるかな』と思っておくと、いいと思います。」
おくまん「なるほど、分かりました。」

2020年五星三心ランキング恋愛編、第8位は「銀の鳳凰座」で「ちょっと恋愛に目が向けられない」くらい忙しい年に。ただ「11月12月になると恋愛運、急激に上がってくる」と鑑定。

2020年五星三心ランキング恋愛編「第7位は銀のインディアン座」

飯田「7位は、銀のインディアン座ですね。私ですね。まあ僕関係ない、もう結婚してるから。」
おくまん「え、結婚してたら関係ないんですか?恋愛運とか。」
飯田「関係ないっていうか……。」
おくまん「何かに活かされないんですか?」
飯田「僕、結婚したらモテるって聞いてたけど、全くモテないよ。あれはモテようとした人間がモテるんだよ(笑)」
おくまん「ああ、でもそうですね。」
飯田「何にもないよ!」
おくまん「なんか、余裕だからモテるみたいな、そういう都市伝説的なもの聞きません?」
飯田「ない、誰にも言われたことないし、あるのかな……?気づかない僕が悪いのかな……もともと恋愛体質じゃないし、女の子口説こうと思って生きてない……こんな話はどうでもいいんですよ。」
おくまん「銀のインディアン座。」
飯田「皆さんで言うと、行動範囲を広げるというところで新しい出会いが増えます。ただ、かなり忙しくなってくるので、恋にちょっとスイッチ入れておかないと、仕事ばっかとか、趣味ばっかになってしまうので、広げている中で、いろんな方を見る。ただ、あっちもこっちも気になってしまってチャンスを逃しやすいところがあるので、逃さないようにというのと、5月6月あたりでグッと。」
飯田「銀のインディアン座ね、4、5、6月ぐらいデートに誘われる回数が増えるのよ。」
おくまん「4から6。はい。」
飯田「そこでパンって決めておかないと大体夏に全部逃して『あれ?』みたいな」
おくまん「ええ〜」
飯田「『放流しちゃった……』って、全部逃げていっちゃう。」
おくまん「じゃあもう、そのタイミングで、誘われたらとにかく行く!銀のインディアン座は。」
飯田「そう、それでもう『じゃあ付き合おうかな』って決めちゃった方がいいです。『あ〜でもこっちの方が良かったのになあ』みたいな、『あ〜失敗した!』って思ったら、スッと別れて。」
おくまん「あ、それで行ってもいいんですね。別に。」
飯田「うーん……まあね。ぜひぜひ。」

2020年五星三心ランキング恋愛編、第7位は「銀のインディアン座」で「4、5、6月ぐらいデートに誘われる回数が増える」という鑑定結果。誘われたらとにかく行くことが大事なようです。

2020年五星三心ランキング恋愛編「第6位は銀の時計座」

飯田「6位、銀の時計座です。全体運的にはかなりいいところに入っていて、問題はないのですが、恋愛運で言うと、恋愛運はいいんですよ。ただ、結婚とか真面目な恋っていう部分だとちょっと欠けるので、まあ遊びの恋とか。」
おくまん「なんですか!遊びの恋って。」
飯田「恋愛なんて遊びでしょうが(笑)」
おくまん「本気の恋しかいらないですよ!僕は。」
飯田「そういうおくまんさんにとったら、辛い時。」
おくまん「あ〜、なるほど。」
飯田「本気の恋じゃなくて楽しむ方にシフトチェンジすればいいんですが、結婚するとか、ちゃんと長く付き合おうと思うと、特に時計座って情が強いので、そういうタイプからしてみると、そういう人じゃないから、だからちょっと6位にしましたね」
おくまん「なるほど、分かりました。じゃあちょっと楽しむぐらいの感じでいった方がいい。」
飯田「いった方がいいですね。」

2020年五星三心ランキング恋愛編、第6位は「銀の時計座」で「全体運的にはかなりいい」としつつも「結婚とか真面目な恋っていう部分だとちょっと欠ける」と鑑定。恋愛は「ちょっと楽しむぐらい」を意識すると良いようです。

2020年五星三心ランキング恋愛編「第5位は金のインディアン座」

飯田「第5位は、金のインディアン座ですね。運気的には、上半期かなり大事な出会いというか、流れがやってきますので、まあ1年通しても全然いいんですが、上半期の方が新しい出会いという部分では良くなりますので、ターゲットを決めるというか、このぐらいだな、っていう一回基準を作るといいです。」
おくまん「ええ、もうわかんないですよ。どういうことですか? 基準って。」
飯田「一番いいのは、昔の彼、何人と付き合ってるか知りませんけど、『一番あの人と結婚すれば良かったな』を1位基準にすればいい。その人より、この人だって男が超えてたら、もうここ。下だったら付き合わない。」
おくまん「あ、その一人目の基準いいかもしれないですね。」
飯田「そうそうそう。ただこれが全然ゼロの場合はちょっと難しいから、とりあえず誰かと付き合えばいいんですが、前の彼が良かった、いや前の前の彼が一番で、前はちょっと微妙だなって思ったらもうそこは忘れて、前の前の彼を『基準位置』として見るといいので、そういった部分で基準をちゃんと決めて、見定める。」
おくまん「じゃあ今まで付き合ったことない人はどういう風にしたらいいですかね。その基準は」
飯田「付き合ったことなかったら、すぐ付き合った方がいいんじゃない?」
おくまん「もう、誰でも?一旦?」
飯田「もうおくまんでもいいから付き合えばいい(笑)」
おくまん「待ってますよ(笑)」
飯田「誰でも付き合うっていうのも変ですけども、でしたら春ぐらいから、4月5月くらいいい出会いがあるタイミングなので、そこはちょっと勇気を振り絞って付き合ってみようとか、遊んでみようとすると。」
おくまん「金のインディアン座はもう、勇気を振り絞んなきゃいけないんですね。」
飯田「なんか飄々と生きてるから、モテてるとか好かれてるとか、あんまり気にしてないの。なんかその方にいかないのよ。なので、飛び込むようにして。」
おくまん「もったいないなぁ……」

2020年五星三心ランキング恋愛編、第5位は「金のインディアン座」で、恋愛については「春ぐらいから、4月5月くらいいい出会いがあるタイミング」と鑑定。春頃は「勇気を振り絞って付き合ってみようとか、遊んでみようとする」と良いようです。

2020年五星三心ランキング恋愛編「第4位は金のカメレオン座」

飯田「第4位、金のカメレオン座です。1年通してすごい良い運気です。恋愛でいうと、年末まではすごいあるので大丈夫なんですが、昨年出会った方。2019年ですね、からの出会いから、2020年。紹介してもらうとか、その繋がりでお付き合いをすると一番幸せになるので。結婚も、もう結婚するしかないからね。金のカメレオン座の方で、20代後半、30代ならもう絶対今年結婚だからね。逃したらもう知らないよ。ないよ。」
おくまん「やばい……えっ、金のカメレオン座の方は2020年までに結婚しなきゃいけないんですか?」
飯田「はい。25以降だったら、30代だったら、もう。絶対結婚です。」
おくまん「幸せな結婚が待ってるってことですね。」
飯田「そう、ここしかない。」
おくまん「え、でも逃したら?」
飯田「もう知らない。」
おくまん「そこをなんとか。」
飯田「無理です。逃したら次9年とか10年後だから。」
おくまん「9年10年後!やばい!これ」
飯田「してください。」
おくまん「結婚しなきゃ……じゃあもう、今付き合ってる人は。」
飯田「いたらもう、結婚です。」
おくまん「で、これ違うなって思ったらすぐ別れて。」
飯田「別れてすぐ次。」
おくまん「すぐ次付き合わないと。」
飯田「切り替えてください。」
おくまん「やばい、4位なのにすげえやばいじゃん。」
飯田「でも運気は良いですよ。モテるし。」
おくまん「あそっか。じゃあいろんな人が寄ってくることもあるし……」
飯田「そう。でも寄ってくると、カメレオン座は優柔不断が出るので、選べないっていう。こっちも良いし、こっちも良いし、みたいな。」
おくまん「よくないなあ、カメレオン座。」
飯田「まあ、現実的なところは良いんだけど……どうしてもプラスとマイナスは出るからしょうがない。」

2020年五星三心ランキング恋愛編、第4位は「金のカメレオン座」で「1年通してすごい良い運気」です。20代後半、30代なら「もう絶対今年結婚」とアドバイスを送っていました。

2020年五星三心ランキング恋愛編「第3位は金の鳳凰座」

飯田「第3位、金の鳳凰座ですね。やっと長い闇が終わりまして、しばらく恋人がいないとか、出会いがなかった方が、ここからモテ始めるんですが、鳳凰座は頑固なので、『あーまだモテてない、これは違う』って、それで損するので、もうモテてると思い込んでください。もう、目が合う異性は全員自分のこと好きって『あー、もうこれはやばい。惚れられた』って。」
おくまん「ああ、究極のプラス思考!でも、そのぐらいの方がモテやすそうですよ、もっとね?」
飯田「『好きなんでしょ、私のこと』とか『僕のこと好きなんでしょ、惚れてんでしょ。』って思うぐらいのテンションで居てください。」
おくまん「ちょっと控えめになっちゃうから。」
飯田「そうです。一人が好きになる。一人が好きになるのはやめてください。もう、とにかく人の中に入ってけばモテちゃう。」
おくまん「モテます?」
飯田「はい!」
おくまん「すげえ!なるほど、じゃあガンガンいって欲しいですね。」
飯田「思い込むところから、恋は始まりますから。」

2020年五星三心ランキング恋愛編、第3位は「金の鳳凰座」で「しばらく恋人がいないとか、出会いがなかった方が、ここからモテ始める」という一年に。ただ「頑固」であるために「モテてない」と思い込んでチャンスを逃すので「モテてると思い込んでください」とアドバイス。

2020年五星三心ランキング恋愛編「第2位は銀のカメレオン座」

飯田「第2位は、銀のカメレオン座です。総合だと1位なんですけども、一個下げたのは、全体運は仕事運・金運の方がやや強いので、そっちの方が、カメレオン座の人たちってあんまり器用じゃないので、まとめて取ることがあんまり得意じゃないというところがあるので、一個下げたんですが、2020年は運命的な出会い、金運を上げてくれる相手、子宝、結婚するには一番最適。」
おくまん「最高じゃないですか!」
飯田「最高です。これ以上、上の最高の運気はないです。」
おくまん「またこれは、あれだ。さっきの4位の金のカメレオンと一緒だ。このタイミングが一番結婚するタイミング。」
飯田「ここです。ただね、銀は甘えん坊なのよ。プロポーズして、とか、告白してきて、みたいな。」
おくまん「でも、それはそうじゃないですか?」
飯田「そんなのしてたら、しかも古風だから、女は『言うものじゃなくて、待つもの』みたいな。いらないの!そういう考え方。」
おくまん「いやでも、待ちたいじゃないですか!」
飯田「いつの時代に生きてるの、もう。 」
おくまん「言われたいから!言いたくないから!」
飯田「戦前か!(笑)」
おくまん「言いたくないから!」
飯田「もう戦後ですよ。戦後。おくまんさん。」
おくまん「でも女子は言われたいの!」
飯田「そんなことならもう、押し切らなきゃいけないです。」
おくまん「へえ〜なるほど。じゃあもう、待っててもアレだから、とにかく積極的に行くと。」
飯田「はい!」

2020年五星三心ランキング恋愛編、第2位は「銀のカメレオン座」で「2020年は運命的な出会い、金運を上げてくれる相手、子宝、結婚するには一番最適」とコメント。プロポーズを待つより「押し切らなきゃいけない」とアドバイスをしていました。

2020年五星三心ランキング恋愛編「第1位は金の時計座」

飯田「第1位は、金の時計座でございます。人脈を持ってるので、もともと恋愛運といった部分では良いんですけども、繋がりっていうのがかなりあるので、出会い運も多いし、恋人すぐ作れるし、新しい出会いも良いし、古い出会いもいい、いろんなものが繋がってくるので、恋に関しては最強だと思います。」
おくまん「すごい……」
飯田「もう言うことないもん。」
おくまん「じゃあ、もうどっちの方?自分がいっても良いし、相手から来られるような状況が最強?」
飯田「まあでも、金だからちょっと積極的なので、ここで銀のカメレオン座口説きにいけば良い。」
おくまん「えっ!なに?それ超面白いですね!金の時計座が?」
飯田「金の時計座が銀のカメレオン座にいけばもう最強。」
おくまん「金の時計座が銀のカメレオン座にいけば最強!」
飯田「最強です。」
おくまん「あそっか。銀のカメレオン座は待ってるか。」
飯田「そうそう。押し切ったら落ちる。優柔不断だから。しかもお金持ちになる。」
おくまん「え、どっちが?」
飯田「両方。」
おくまん「え!もう最強じゃないですか!あ、そうか。そうか。結婚したらどっちも金持ちになるのか(笑)財布一緒だからな(笑)」
飯田「そうそう。まあそのぐらい、すごい整ってる時です。邪魔するとしたら、ブレるって癖が出るので、振り子の時計なので、こっちもこっちも……あと譲っちゃう。」
おくまん「えっ?」
飯田「同じ人が良いな、って思ったら『あ、良いんじゃない?』って。」
おくまん「あー!でも譲っちゃう!分かる!」
飯田「おくまんくん、分かんないだろ!(笑) おくまんくんは時計座じゃないもん、おくまんくん自分勝手なイルカ座だろ!(笑) びた一文分かんないよ!(笑)」
おくまん「『自分勝手な』はいらないでしょ!『イルカ座なんだから分かんないでしょ』でいいでしょ!(笑)」
飯田「(中略)まあでも、言ったら、金の時計座の人が言いよったら、みんな好きになっちゃうから。」
おくまん「すごいじゃん!じゃあもう、このタイミングで行動しないと、マジやばいですね。金の時計座は。」
飯田「まあ出会い運も良いし、告白してもチャンスを掴めるので、どんどんいってください。ぜひぜひ。」

2020年五星三心ランキング恋愛編、第1位は「金の時計座」で「恋に関しては最強」「金の時計座が銀のカメレオン座にいけばもう最強。」とコメント。「邪魔するとしたら、ブレるって癖が出るので、振り子の時計なので、こっちもこっちも……あと譲っちゃう。」と注意するポイントについて語っていました。

ゲッターズ飯田のモテる方法とは

飯田「でもやっぱり、異性掴める見た目とか、そういう平均的なことは大事ですよ。メイクするとか、髪の毛綺麗にするとか。特に衛生面とか、最低限好かれる努力をしてたらめちゃくちゃモテるから。あと、ビビらない。最後は勇気ですから!モテるのに、家引きこもっても意味ないので。勇気。」
おくまん「『占い外れた〜』じゃねえよ!動いてねえじゃねえか!(笑)」
飯田「『1年ぐらい一歩も家出てないから外れた〜』みたいな。なのでね、勇気を持って行動してください!」

恋愛運が良い時でも「平均的なことは大事」とゲッターズ飯田さん。最後は「勇気を持って行動」だと語っていました。

2020年の恋愛運をもっと具体的に占う

ランキングはいかがでしたか?
もっと詳しい2020年上半期の恋愛運鑑定をしたい方はぜひこちらから。
効果的なアピール方法や大事なチャンスのタイミングまで。
片想いを成就させるための秘訣をお伝えします。
>>今年中にふたりは結ばれる!?【2020年上半期◆片想い成就占】あの人の本音/進展/恋結末

鑑定できるメニュー項目

  • 2020年上半期、【あなたの恋愛運】を見ていきましょう
  • 次に2020年上半期の【気になるあの人の恋愛運】について
  • 焦らないでください。これまで進展しなかった理由をお教えします
  • はっきりお答えします。2020年上半期、あの人が【恋愛に望むこと】
  • 2020年上半期の運気の流れからわかる<効果的なアピール>は○○でしょう
  • チャンスは〇月です!ふたりの関係に訪れる※転機※
  • 見逃さないでください!転機が訪れた後に、あの人が見せる態度、行動の変化
  • あなたに虜な証拠です。あの人が気づいてほしがっている脈ありサイン
  • ※ただし、注意です※こんなすれ違いには気をつけてください
  • ズバリお答えします。2020年上半期にふたりは【恋人になれる?】
  • 2020年上半期、あの人と結婚する可能性は……?≪この恋の結末≫をお伝えします
  • 【ゲッターズ飯田がおくる開運メッセージ】2020年上半期◆この恋を成就させるための秘訣

 

今年中にふたりは結ばれる!?【2020年上半期◆片想い成就占】あの人の本音/進展/恋結末


占い師プロフィール

ゲッターズ飯田の占い

ゲッターズ飯田の占い「いますぐ占う」