2020年「金のイルカ座」は裏運気!おくまんは一体どうなる?

裏運気に何が起こるか、どう過ごせば良いのかの情報をお届けします。
そもそも今年は何の年? 気になる方はまずこちらから無料で鑑定を!

▼2020年五星三心の各タイプ別の運勢を無料で調べる▼
2020年の運勢を占う

2020年の金のイルカ座は裏運気「もう最悪です。以上。」

おくまん 「金のイルカ座は裏運気ということで、私、金のイルカ座なんですよ。で、金のイルカ座の皆様は今年もこの季節がやってきたということで、私金のイルカ座なので、私の運気を、金のイルカ座の運気を飯田さんに聞こうという特別企画でございます。」
飯田「はい、もう最悪です。」
おくまん 「いやそのYESかNOかで終わらないんですよ。」
飯田「以上です。」

金のイルカ座は2020年裏運気に。おくまんさんが金のイルカ座ということで、今回は、ゲッターズ飯田さんに金のイルカ座の運気を伺っていきます!

裏運気は絶対に引っ越しちゃダメ?

飯田「僕の中で一番注意の年は「乱気の年」なので、2019年が一番よくない。運って、まあ、良い悪いであんまり考えてないんですけども、まあ表現上そうした方が伝わりやすいので、そうやってはいるんですけど、表の運気と裏の運気があって、それが乱気の年って一番中途半端なの。」
おくまん 「あ、こう、不安定になる。」
飯田「そう。一番不安定なこんな時に家建ててごらん。どうなる?」
おくまん 「崩れます!」
飯田「はい、正解です。」
おくまん 「すげえ。」
飯田「で、もう綺麗にパンてひっくり返ったら?」
おくまん 「裏だけど、でも……。」
飯田「そうそう。」
おくまん 「えっ、表運気は何年あるんでしたっけ?」
飯田「表運気は、約9年です。」
おくまん 「約9年くらいあって、変わって、裏運気が2年ぐらいあるってことですか?」
飯田「2年半……とかまあ、で、その裏運気の時に、例えば変なタイミングで家を。例えば乱気の時とか、裏運気も逆なんですけども、あと整理の時もちょっと斜めになってる。単純にイメージで言うとね。そこで家を建てて、そこにずっと住んでることになったら……。」
おくまん 「やばいよ、ずーっとこう斜めになってる」
飯田「そう、ずーっとなってるんで、「占いでこの年最高なんですよ、全然良くないです!」って言うの。斜めの家に住んでるから。斜めの家に住んでると良くならないですよ。もともとそこで変なことするからうまくいかないんですよ、って。」
おくまん 「なるほど。」
飯田「悪くなる原因が、乱気の年に種を蒔いたことが、最終的にそれがずーっと続くのよ。」
おくまん 「そっか……。」
飯田「全部そこで変えていかなきゃいけないの。」
おくまん 「でも、裏は安定はするけど種まくと、要は2年後ぐらいに裏返っちゃうから良くないってことなんですか?」
飯田「裏返るけど、真逆に良いことも起きるから、能力が変わるだけなので、その能力をどう活かすかが大事になってくるので」
おくまん 「はい。」
飯田「それをうまく活かせば、どちらかというと裏運気の方が面白い。扱いとしては。」
おくまん 「ああ〜、なるほど。」
飯田「綺麗に逆になるから、『じゃあこっち行けるじゃん』っていうのが見えるから、アドバイスとしてはしやすくなるの。乱気が一番しづらい。余計なことしちゃいけないのに、余計なことみんなするのよ。」
おくまん 「なんで? 乱気だから?」
飯田「イルカ座の人マジでバカだから(笑)」
おくまん 「むちゃくちゃ言いますね!(笑) イルカ座バカなんですか?」
飯田「違う、言うこと聞かないのよ(笑) 都合の悪いことはとにかく無視して、転職したりとか引っ越ししたりとかさ、移転とか、やっちゃダメだって書いてあるのに。」
おくまん 「確かに、僕言われた。飯田さんに。絶対引っ越しちゃ駄目だよって。」
飯田「ダメだよ。」
おくまん 「引っ越し超考えてる時に。」
飯田「ダメだよ!絶対。」
おくまん 「言うこと聞きましたよ、僕。」
飯田「いやもう、今年はちょっと急に引っ越すかも……最近ずっと僕、休みの時間ある時に、うちの近くの安めの中古のマンションで『ここだとおくまんくん住んでもいいかな……』ってとこずっと探してたから。」
おくまん 「ちょっと、どういうことですか(笑) どういうこと!?」
飯田「『これおくまんくんに買って貸してあげようかな』って。」
おくまん 「もう、ついにアレですか? 飯田さんは家まで面倒見てくれるようになったんですか?僕の。」
飯田「そうそう(笑) どうせ家賃払ってるなら、僕のところに払ってくれれば……。」
おくまん 「いいマンションありました?(笑)」
飯田「あったあった。」
おくまん 「でもそれも、やっぱいい運気の時に買うってことなんですか?」
飯田「そうそう。いい運気で買って、おくまんくんが住んだらどうなるかっていう実験をしようかと思って。」
おくまん 「そしたらいい運気になるでしょ!」
飯田「いい運気になるかもしれないし……。」

実は、裏運気より一番注意の年は「乱気の年」で、不安定に。家を建てる時の地盤に例えて、裏運気の年・乱気の年について運を解説。

運の良い人から運気をもらえる?

おくまん 「だってあれでしょ。お財布だって、頂いたんですよ。それも飯田さんがいい運気の時に、おくまんに使ったんですよね?その運気を。」
飯田「そうそう。僕のいい運気、おくまんくんにばっか使ってる。」
おくまん 「(笑)」
飯田「いやでも、これ見てるみなさん、おくまんくんと僕のこの状態ちょっと不思議なんですけども、僕は運気通り生きてて、運に合わせてたら、こうやってみなさんと仕事をして、結局みんな僕に巻きついて幸せになっているわけね。」
おくまん 「巻きついて(笑)」
飯田「これってすごい、大事な事なんだなと思って。僕、一人だけ人柱になってるわけですよ(笑) 運に縛られて。」
おくまん 「運の人柱(笑)」
飯田「でも周りがこれで幸せになるから、これはこれでいいんだなと思って。」
おくまん 「確かに。」

ゲッターズ飯田さんは、お財布をおくまんさんにプレゼントしたそうで「僕のいい運気、おくまんくんにばっか使ってる。」と愚痴りつつも「でも周りがこれで幸せになるから、これはこれでいいんだなと思って。」とコメントしていました。

金のイルカ座は裏運気にマラソンをする?

飯田「まあでも、おくまんくん裏運気ですから。」
おくまん 「金のイルカ座。」
飯田「まあ裏に入ったら、今までやらなかった事に興味が出てくるので、特に鳳凰座の力が強くなるので、頑固、一人で何かものをやるとか、一人で考えるという事に関しては強くなってくるので。」
おくまん 「なるほど、孤独な時間が増える?」
飯田「マラソンすごい速くなる。」
おくまん 「マラソンが速くなるの!?(笑) すげえ!あ、そっか、一人だから?」
飯田「もともと鳳凰座って、マラソンの星だからね。」
おくまん 「えっ!?」
飯田「だって裏運気に入り始めてからやり始めてるでしょ?」
おくまん 「はい。」
飯田「マラソンだよ。」
おくまん 「うわあ!」
飯田「一番忍耐頑張る、一人でやる、マラソン。」
おくまん 「すげえ!」
飯田「やり始めたでしょ?」
おくまん 「やり始めました。」
飯田「だからそれ。」
おくまん 「怖い!」
飯田「去年の末ぐらいに1人で何かするの始めるよ、って。」
おくまん 「はい。大阪マラソン。去年走りました。」
飯田「でしょ?この運気始まってるから。」
おくまん 「ええっ!なんでそん時言ってくれないんですか!」
飯田「いやいや、言ってたよ。マラソンとは言わなかったけど、1人でやるもの始めるって。」
おくまん 「じゃあ、そのアレからいくと、もうちょいでマラソン飽きますね。」
飯田「あと、2年ぐらいでね。来年、再来年の2021年の夏ぐらいで、怪我をするか何かで終わると思います。」
おくまん 「やだやだやだ。怖い怖い怖い。ええっ!ちょっと、何これ!超やだ。20何年に?」
飯田「2021年。」
おくまん 「2021年に怪我か何かして終わる。」
飯田「整理されるので。」
おくまん 「うわあ。」
飯田「整うって事は、本来向いてなかったものは削ぎ取られるので。」
おくまん 「そっか。向いてないもん。マラソン。」
飯田「うん、だってこの体型で走るのがおかしいもん(笑)」
おくまん 「そうですよ。この前だって世田谷ハーフマラソン走ったら、ビリから3位だったですもん。完走した中で。後ろ2人、70歳のおじいちゃんですよ(笑)」
飯田「この体型で無理、普通は(笑)」
おくまん 「じゃあ、皆さん金のイルカ座の人は裏運気だから……。」
飯田「マラソンした方がいいです。」
おくまん 「マラソンした方がいいの?」
飯田「まあ、忍耐のいることやった方がいいので、何か勉強するとか。でも鳳凰座って、漫画家さんも多いし、何か表現する、一つのことをこだわってやるっていう部分には非常に良いので、勉強すると良いです。」

金のイルカ座は裏運気になると、鳳凰座の力が強くなる傾向があり、おくまんさんが昨年「大阪マラソン」に挑戦したのは、運気の関係があると言うのです。おくまんさんに対して「2021年の夏ぐらいで、怪我をするか何かで終わると思います」と予言する一方で、それでも「マラソン」はした方がいいとコメント。マラソン以外には「忍耐のいることやった方がいいので、何か勉強するとか」ということでした。

裏運気は健康に出る!身体に注意を

おくまん 「飯田さん、以前はやっぱ裏運気はとにかく健康が……。」
飯田「健康は出る。それは流石にどうしても出ちゃうので、裏運気の時に注意するのは身体だけ。それ以外はちゃんと受け入れて、どう自分が考えて、どう動くのかって事が。己(おのれ)が出てくるから、そうすると面白いよ。」
おくまん 「へえ〜」
飯田「運が悪いってなんなのか、って事を分析するとめちゃくちゃ人間って面白いのよ。自分の欲望がモロに出てくるから。」
おくまん 「はい。あ、そっか。」
飯田「あ、逆にこういくのね、とか、こうなるんだねっていうのが出てくるので、面白い。」
おくまん 「健康運はどうしたらいいですか?まず病院に行けばいいですか?」
飯田「この辺もう切ってくればいい。」
おくまん 「いやいやいや、え、一回切っとけば、」
飯田「そう、不運の消化だから。」
おくまん 「不運の消化、やばいでしょそれ。」
飯田「バンってやって、折っとけばいいから。ちょっと、ハンマーでガンってやってあげるから。」

裏運気でもっとも注意したいのが「健康」で、ゲッターズ飯田さんは「裏運気の時に注意するのは身体だけ。それ以外はちゃんと受け入れて、どう自分が考えて、どう動くのかって事が。己(おのれ)が出てくるから、そうすると面白いよ。」とコメント。

おくまん 「厄年と裏運気が合併してる」

おくまん 「えっ、あともう一個聞きたいんですけど、厄年と裏運気が合併してるんですよ、僕。」
飯田「はい。やばいやばい。」
おくまん 「これはやばいですか?」
飯田「死ぬほど大変。あ、でも子供生まれたからもう大丈夫。裏運気の抜け方、空亡とか天中殺と言われてる、まあ大殺界と言われるところの抜け方はもう、子供を作るしかないの。」
おくまん 「ええっ!」
飯田「もう一人作る可能性あるよ、来年。」
おくまん 「ええっ!来年!?」
飯田「うん。」
おくまん 「すごい。」
飯田「手伝おうか?」
おくまん 「いや手伝おうかは怖いっす!(笑)どうやって手伝うの(笑)見てるってこと?」
飯田「ちょっと、向こう行っといて、って。」
おくまん 「集中できないよ……飯田さんに見られてたら集中できないよ……。」
飯田「そこ!って。」
おくまん 「ええ〜。でも、子供以外にはないんですか?もう、逆に言えば。」
飯田「うーん、今まで見て、23年占いやってますけど、運が悪いね、って言った時期に『そうでもなかったですよ』って返ってきた言葉は、子供しかない。」
おくまん 「ええ〜。」
飯田「僕もだって、その時に子供できてるから、やっぱり悪くなかったし。」
おくまん 「それ、姪っ子とかじゃダメなの?」
飯田「ダメだよ、そんなの。自分の子。」
おくまん 「自分の子供なんだ。そっかなるほど」
飯田「それが唯一、悪く全くならない。大変だけどね。その大変さがくると幸せを手に入れるから。」

厄年と裏運気が合併してると言うおくまんさん。ゲッターズ飯田さんは「死ぬほど大変」とする一方で「子供生まれたからもう大丈夫」ともコメント。23年占いを続けている中で「そうでもなかったですよ」と返す人は、子供が生まれていると言う共通点があるようです。

裏運気は意外な人と付き合ったりする!?

おくまん 「へえ……もう一個だけ! ラスト! もう一個だけ聞いていい?」
飯田「なんですか?」
おくまん 「その、僕はあれなんですけど、金のイルカ座裏運気じゃないですか。もう、恋愛。恋愛については、どうしたらいいですか?」
飯田「恋愛は全然意外な人と付き合ったりする事ができるので、一般的な方でしたら、普段このパターンあんまり興味ないな、と思った方にあえていってみたら、突然付き合えたりとか。急に役者さんと付き合ったり。」
おくまん 「あえていくって思っていくってことですよね。」
飯田「あと、意外な人から告白されたりする。えっ?って。」
おくまん 「そうなんだ……。」
飯田「今までそんな感じ好きじゃなかったけど、まあでもそこでいっか、みたいな。」
おくまん 「そしたらそれには乗った方がいいの? でも、自分裏運気だから、告白された事に決断しちゃいけないとか思っちゃうんですけど……」
飯田「付き合っていいですよ。振り子の運動で、人間ってやっぱり一回タイプじゃない方逆に付き合うと、元に戻って正しい方捕まえるから。」
おくまん 「あぁ……。」
飯田「だからね、真面目な優しい人が好きです、ってこっちばっか狙っていくと、振り子ってもう限界まで来るから、真面目で優しいの中で基準が分かんなくなるの。」
おくまん 「はい。」
飯田「一旦逆にやんちゃな男とかに、もうほんと、一夜の恋とかしといて、そんな事絶対しない自分が一回するから、やっぱダメだで戻った時に、ここにいる人ポンと捕まえられるから。」
おくまん 「ああ〜。じゃあ、裏運気の時に出会って、そういう風に思ってればいいって事ですか。」
飯田「逆の自分を一回試すタイミングで、一回行っておかないと、分かんないから。」
おくまん 「すごい……。」
飯田「だから、裏運気で付き合ってるな、って思えば、あ、そっか、縁がちょっと無いんだなって思っておけば、戻る時に別に怖くないから。」
おくまん 「で、これを追いかけると変な話になるって事ですか。」
飯田「駄目。それはもう絶対駄目。ロクな事ない。本当ロクな事ない。」
おくまん 「じゃあもう2年以内に終わらせなきゃいけない?その恋は。」
飯田「うーん、まあ本当はそうだけどね。そこで結婚しちゃう人もいるのよ。」
おくまん 「はい。」
飯田「裏運気で結婚すると6年後に別れるから。」
おくまん 「うわあ。」
飯田「「解放」ってそういう事だから。変なもの掴んでいるものに関して、裏で掴んだものは解放の時って運気が全開になるから、手を離すんです。で、相性が悪いものがポンっと離れるから、6年後の離婚ってめちゃくちゃ多い。」
おくまん 「やだあ。怖い。」
飯田「だから当てるの簡単よ。『運気めちゃくちゃいいから別れますね』っていう言葉が出てくるから。」
おくまん 「あっ、そっか。運気がいいから別れるんだ!なるほど~!」
飯田「運気がいいからって、いい事が起こるとも限らないから。悪かったものが削ぎ取られるって事もいい事だから、考え方。」
おくまん 「へえ〜。」

おくまんさんは、金のイルカ座の裏運気中の恋愛について質問すると、ゲッターズ飯田さんは「意外な人から告白されたりする」と回答。一方で「裏運気で結婚すると6年後に別れる」とも。裏運気の結婚について「裏で掴んだものは解放の時って運気が全開になるから、手を離すんです」と解説していました。

裏運気は、普段勉強してない事をあえて勉強する

飯田「だから、面白いよ、占いって。本当に。だから別にすげえ当たるなって思って、本当にちょっと自分の占いを疑って常に見てるけど、やっぱ当たるなこういうのは……って思う。」
おくまん 「ちょっともう、疑って見てるんですね(笑)」
飯田「もともとだって、僕が作ったわけじゃないから、もともとあって、アレンジャーでしかないから、アレンジの仕方がこうかな、でも元がやっぱすごいな、と思って。」
おくまん 「なるほど……。」
飯田「おくまんさんはだから体調に気をつけて、頑張れば一人お子さん。」
おくまん 「おっ。」
飯田「もしだめだったら、怪我、病気を気をつけて、普段勉強してない事をあえて勉強する。忍耐のかかるものね。」
おくまん 「マラソンなんだ……。」

最後に、ゲッターズ飯田さんは「体調に気をつけて、頑張れば一人お子さん」「もしだめだったら、怪我、病気を気をつけて、普段勉強してない事をあえて勉強する。忍耐のかかるものね。」とアドバイス。アドバイスを聞いたおくまんさんは「マラソンなんだ……。」とコメントしていました。


占い師プロフィール

ゲッターズ飯田の占い

ゲッターズ飯田の占い「いますぐ占う」